2月 172014
 

葬儀に参列の場合、一般的には喪服と着るものですが、訃報は突然知ることですし、その日にお通夜という場合も少なくはありません。ですから、服装についても、平服のままで問題ないようです。実際、私も何回は職場関係の人のお通夜に参列したことがありますが、平服で行きました。
偶然、髪留めが明るい色の場合のみ黒や地味なものに変えたことはありましたが。
また、急な不法に礼服で参列すると反対に不幸を予期していたようにも思われるので、失礼に受け取られることもあるようです。
お通夜が訃報を聞いた翌日以降の場合は礼服を用意できるかと思いますが、地味な服装にすれば、平服で大丈夫です。しかし男性はネクタイや靴下、靴も黒に換える方が無難でしょう。
亡くなられた方と残された人との間にあるのが仏壇です。仏壇の通販はこちら

Sorry, the comment form is closed at this time.