9月 272013
 

法律的にグレーゾーンとなるキャッシングの金利 キャッシングの金利で法律的にグレーゾーンとなるものがあります。法律的にグレーゾーンになる金利が存在していたのは、キャッシングの法改正が行われた2010年より前で、2つの出資法と利息制限法という法律が上限金利を定めていたことろに違いがあったからです。

キャッシングの上限金は、利利息制限法では、元本によって違いはありますが15%~20%がであると決められています。出資法では、キャッシング利用時の金利は29.2%を越えなければ罰則はないとされていました。
グレーゾーン金利というのがこの2つの金利の差です。

20%以上の金利で融資を行っているキャッシング会社は、グレーゾーン金利があった頃は案外多かったといいます。グレーゾーンが撤廃され、もっと低金利で融資が受けられるようになったのは、法律が改正されたことによります。
金利の引き下げは、キャッシングだけでなくクレジットカードにも適用されている会社もあります。

その反面、法律の影響で以前より審査のハードルが高くなっていて、キャッシングをするのもなかなか難しいといいます。
キャッシング会社の立場からすれば、低い金利でしか融資ができなくなった以上は、確実に貸付金を回収できなければ利益が上げられないためです。
審査の基準が法律によって厳しくなったことでなかなかキャッシングができないという人をターゲットにしている業者もあるようです。ヤミ金融など非合法のキャッシング業者がキャッシングの法律の改正によってたくさんできることが心配されています。ミュゼ 盛岡

Sorry, the comment form is closed at this time.