12月 252013
 

自分を省みての自己分析を試みる時の要注意の点は、具体性のない表現を使わない事です。具体的でない記述では、面接官を認めさせることはできないのです。
現実に日本の素晴らしいテクノロジーのほとんどが大企業ではなく、地方の中小企業の町工場で生まれているのだ。予想よりも賃金だけでなく福利厚生も優れていたり、順調な経営の会社だってあります。

自分自身が主張したい事についてそつなく相手に話せなくて、幾たびも悔いてきました。現時点からでも自己判断ということに時間を割くのは既に遅すぎるでしょうか。
今の仕事の同業の人で「家族の口添えでシステムエンジニアを退職して転職した」という異色の経歴の男がいまして、彼の経験ではシステムエンジニアの仕事のほうが百倍は楽だとのこと。
現在の時点では第一志望の会社ではないのでしょうが、いま求人中のそことは別の会社と比べてみて僅かでも良い点だと感じる所はどこら辺なのかを検討してみましょう。

新卒者でないなら「なんとか入れそうで、仕事の経験もつめそうな会社」なら、何はともあれ就社しましょう。社員が数人程度の小さい会社だろうと構わないのです。職務経験と職歴を得ることができればよいのです。
正直なところ、就職活動の最中には、自己分析(自己理解)を実施しておくといいでしょうと人材紹介会社で聞いて実行してみた。正直に言って全然役に立たなかったのだ。
タウンワーク 関東

Sorry, the comment form is closed at this time.