3月 202013
 

資産運用の手段としてFXを利用する人が増加しています。FXで鍵を握るのは、チャートをどう読むかです。為替チャートとは、FXとどのような関係を持っているのでしょう。為替チャートがどのようなものか知らなければ、FXを開始しても何から初めていいかわからないでしょう。よくニュースなどで円安や円高などという言葉を耳にします。FX取引をするにあたって円安に向かっているのか円高に向かっているのかを知ることは大事なことです。これからの為替の値動きを知るためには、過去の値動きをグラフ化した為替チャートを参考にします。何種類かの為替チャートを組み合わせて使う人が多いようです。ラインチャートは、毎日の終値のグラフです。中値や始値でつくるラインチャートもあります。欧米ではバーチャートという名のチャートがよく使われます。最高値、最安値、始値、終値がわかります。ロウソク足チャートは日本で考案された為替レートのチャート表で、始値、終値、高値、安値の4つの数字が視覚的にわかりやすく表示されています。日単位、時間単位、分単位、月単位など時間単位も様々なチャートが存在しています。時間軸はいろいろありますが、ロウソク足チャートの場合1本が1日の動きを表している場合には日足チャートと呼ばれます。どのような戦略でFX取引をするか、どんな情報を知りたいかで使うチャートは違います。FXで効率的に差益を取りたい場合は、為替チャートの読み方や分析方法を知っておく必要があります。即日融資

Sorry, the comment form is closed at this time.