審査の基準

 未分類  コメントは受け付けていません。
9月 272013
 

法律的にグレーゾーンとなるキャッシングの金利 キャッシングの金利で法律的にグレーゾーンとなるものがあります。法律的にグレーゾーンになる金利が存在していたのは、キャッシングの法改正が行われた2010年より前で、2つの出資法と利息制限法という法律が上限金利を定めていたことろに違いがあったからです。

キャッシングの上限金は、利利息制限法では、元本によって違いはありますが15%~20%がであると決められています。出資法では、キャッシング利用時の金利は29.2%を越えなければ罰則はないとされていました。
グレーゾーン金利というのがこの2つの金利の差です。

20%以上の金利で融資を行っているキャッシング会社は、グレーゾーン金利があった頃は案外多かったといいます。グレーゾーンが撤廃され、もっと低金利で融資が受けられるようになったのは、法律が改正されたことによります。
金利の引き下げは、キャッシングだけでなくクレジットカードにも適用されている会社もあります。

その反面、法律の影響で以前より審査のハードルが高くなっていて、キャッシングをするのもなかなか難しいといいます。
キャッシング会社の立場からすれば、低い金利でしか融資ができなくなった以上は、確実に貸付金を回収できなければ利益が上げられないためです。
審査の基準が法律によって厳しくなったことでなかなかキャッシングができないという人をターゲットにしている業者もあるようです。ヤミ金融など非合法のキャッシング業者がキャッシングの法律の改正によってたくさんできることが心配されています。ミュゼ 盛岡

脳の健康を保ちたいです

 未分類  コメントは受け付けていません。
9月 062013
 

記憶に関しての脳の部分として海馬という場所がありますが、この細胞とステロイドが合体して放っておくと、海馬の細胞が死んでし合って、機能障害が起きます。脳を健康にする方法、その一番の方法は、ストレスを感じないことが一番の方法です。

人間の脳というのはストレスを感じて緊張状態が続けば、視床下部から、副腎皮質刺激ホルモンという物質が分泌されはじめます。ストレスを感じたり受けたりすれば、このステロイドが体の中に出続けることになって、これは脳の色々な細胞と合体して、行く末は、脳を死滅させる働きがある怖い成分です。

悩めばずっと脳の中にストレスホルモンが出続けて、脳を死滅させてしまいます。脳が健康でなければ、いくら能力開発についてとレーニングを行っても意味がありません。

脳の健康を保ちたいと思っている人は、ストレスを溜めない、ストレスを受けない、不安な気持ちを引きずらないことや、不快だったこと、悲しかったこと、憎んだことなどは後から思い返したりしない努力が必要です。記憶障害が起きたり、不安な気持ちが増えて、普通の精神状態で入られなくなることもありますから、ストレスは精神異常の引き金にもなり本当に怖いのです。

この副腎皮質刺激ホルモンからコルチゾルと呼ばれる物質が出るのですが、これは耳馴染みのある言葉に開ければ、ステロイドです。心配はると思いますが心痛はしないことがポイントです。

ステロイドなら知っている人も多いと思います。ストレスに感じることがあっても、悩まないことです。

無添加クレンジングオイル